Skip to product information
1 of 6

Bicosya

アートフレーム マーク・ロスコ Mark Rothko Orange and Tan,1954

アートフレーム マーク・ロスコ Mark Rothko Orange and Tan,1954

Regular price $ 1,258.00 MXN
Regular price Sale price $ 1,258.00 MXN
Sale Sold out
Tax included.

〇サイズ・容量

外寸:305x380x32mm

〇規格
生産地:アメリカ・日本製
素材・成分:天然木(突板 表面:トウキササゲ、芯材:パイン)・PET・MDF・紙
パッケージ:個別箱
製造年:2021

マーク・ロスコの抽象画作品を木製のフレームにセットしたアートフレーム。こちらは「Orange and Tan, 1954」を木製フレームにセットした滲むカラーの交わりが美しい作品です。

<生涯>
マーク・ロスコ 1903年生まれ。(1903〜1970)ロシア・ユダヤ系のアメリカの画家で抽象表現主義運動の作家とみなされているが、ロスコ自身はいかなる芸術運動にもカテゴライズされることを拒否している。ジャクソン・ポロックやウィレム・デ・クーニングとともに戦後アメリカの美術家で最も有名な1人としてみなされている。ロシア帝国時代のヴィテプスク県ダウガフピルスで生まれる。1923年秋、ニューヨークににいる友人を訪れた際、ヌード・モデルをスケッチしている生徒を見て芸術家になることを決める。その後パーソンズ美術大学に入学する。教員の1人はアーシル・ゴーキーだった。これはロスコにとってアメリカ前衛芸術家の最初の出会いだった。初期のころにはパウル・クレーやジョルジュ・ルオーの影響を大きく受けた。1930年代に出会ったミルトン・エイブリーは彼にプロの芸術家の人生のアドバイスを与えた人物として多大な影響を与えた。 1946年"マルチフォーム"絵画へ移行を始めた。1948年制作の「No.18」や「無題」などは移行期の代表的な作品である。ロスコ自身はこれらの絵画は、人間の表現を自己完結したものとして有機的な形態を地層のように重ねているという。一見単純にもみえる彼独特のアートスタイルは突然ひらめいたものではなく、長年の彼のアート活動の中で生まれたものだった。そして象徴である水平で、帯状のモチーフは、ネイティブ・アメリカンアートとヨーロッパのシュールリアリズムを持ち合わせた作品の象徴になった。1949年に自立する長方形や、2〜3個の長方形を重ねてエッジをフリーハンドで描き、そして明暗を微妙に調節し、感覚的な色合いに仕上げた。又、あいまいな半透明に仕上げ、凹凸をつけたり、滑らかにしたり、ブラッシングしたりと、技法によるコントラストを持たせた。彼のアートはしばしば非凡とされ、ありふれたアートと比較されることがあったが、生涯彼のスタイルは守られ知的でとても感情的なアートと評され、一方晩年の作品はとてもシンプルで薄暗い色調の作品は、まるで自分の死を予感させる作品でもあった。1952年にニューヨーク近代美術館で開催された「15人のアメリカ人」展でロスコは、ジャクソン・ポロックやウィリアム・バツィオーツと並んで、正式に抽象表現主義のメンバーとして紹介された。 

View full details
  • 商品は個別包装にて発送

    商品はすべて専用の梱包材にて個別包装をして、発送いたしております。輸送のダメージを避けて、良い状態でお客様にお届けできるよう、丁寧に梱包しております。

  • 全国配送に対応

    配送は全国配送にて承ります。商品の製作状況や受注状況により、お届けに1週間程度いただきますことを予めご了承ください。

  • 不良品の返品について

    輸送時の破損やプリントのずれなど初期不良と認められる不備がある場合、返品をお受けいたします。返品期間は商品到着から5日以内となります。不良個所の写真をお送りいただき、初期不良と確認できた際に商品交換の対応をいたします。商品イメージが違うなどの理由での返品はお受けできませんので、ご了承ください。