商品情報にスキップ
1 6

Bicosya

アンリ・マティス 「Blue Nude(ブルーヌード)」アートフレーム Henri Matisse

アンリ・マティス 「Blue Nude(ブルーヌード)」アートフレーム Henri Matisse

通常価格 $ 835.00 MXN
通常価格 セール価格 $ 835.00 MXN
セール 売り切れ
税込み。

〇サイズ・容量

外寸:275x275x32mm
重量:約700g

〇規格
生産地:日本・中国製
素材・成分:天然木・ガラス・MDF・紙
パッケージ:個別箱
製造年:2024


アンリ・マティス1869年、北フランスのル・カトー・カンブレジに生まれる。20世紀を代表する巨匠のひとり。セザンヌやゴッホなど印象派の影響を受け、自由な色彩による表現を追求。1941年、癌に侵され長い闘病生活を経て鉛筆が持てなくなると紙とハサミを用いて新しいスタイルを模索。後にカットアウトと呼ばれる切り絵作品を手掛ける。
<生涯>
1887ー88年パリで法学を学ぶ。卒業後法律事務所の書記となる。1892年、父親の猛反対を説得して、アカデミー・ジュリアンに入学し、1898年パリ美術学校に入学し、ギュスタヴ・モローの教室で学ぶ。この教室でジョルジュ・ルオーやアルベール・マルケなど出会う。1898年アメリー・パレイルと結婚。続く数年は制作の上でも経済的にも最悪の状況。マティスは家族の貧弱な収入を補うため画家の他、装飾家として仕事につく。1911年モロッコに行き、風景や人間に発想源を見出だす。「オダリスク」の連作がはじまる。1920年ストラヴィンスキーのバレエ「ナイチンゲールの歌」の舞台装置や衣装をデザインする。1943年ヴァンスに移住。画家としてだけではなく、彫刻家としても制作を続ける。1948年初めての主要な切り紙絵(グアッシュ、デクペ)、室内画のシリーズで彼の絵画の仕事は終わりを告げる。1947-52年ヴァンスのロザリオ礼拝堂の装飾を依頼される。1951年切り紙絵の制作。1952年ル・カトー・カンブレジにマティス美術館が開館される。1954年ヴァンスの自宅で死去。享年84歳。
詳細を表示する
  • 商品は個別包装にて発送

    商品はすべて専用の梱包材にて個別包装をして、発送いたしております。輸送のダメージを避けて、良い状態でお客様にお届けできるよう、丁寧に梱包しております。

  • 全国配送に対応

    配送は全国配送にて承ります。商品の製作状況や受注状況により、お届けに1週間程度いただきますことを予めご了承ください。

  • 不良品の返品について

    輸送時の破損やプリントのずれなど初期不良と認められる不備がある場合、返品をお受けいたします。返品期間は商品到着から5日以内となります。不良個所の写真をお送りいただき、初期不良と確認できた際に商品交換の対応をいたします。商品イメージが違うなどの理由での返品はお受けできませんので、ご了承ください。